葉酸の摂取推奨量

葉酸は、体の組織を作る為に必要不可欠な栄養素であり、毎日、基本的に摂取すべきです。

食事葉酸で18歳以上の男女の場合は240μg。これに加えて、妊婦の場合はさらに240μg。赤ちゃんを母乳で育てる授乳婦の場合は、100μgプラスです。

さらに、妊活中の女性に対しては、神経管閉鎖障害のリスクを減らすため、モノグルタミン酸型葉酸(葉酸サプリでとれる葉酸)で+400μgの葉酸摂取を厚労省も推奨しています。

葉酸の摂取期間

18歳以上の女性の場合を例にします。

  • 毎日…240μグラム(食事性葉酸)
  • 妊娠計画中~妊娠3ヶ月まで…モノグルタミン酸型葉酸400μg + 食事性葉酸 240μg + 240μg
  • 授乳婦…食事性葉酸 240μg + 140μg

神経管閉鎖障害のリスクを減らすためには妊娠1ヶ月以上前からの摂取が推奨されるので、妊活中の女性は、

  • 妊娠1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月まで

が一番葉酸を摂取すべき期間と言えるでしょう。

とくに必要な期間はサプリメントで葉酸を補助的に摂取

一番葉酸が必要とされる時期の葉酸摂取推奨量を食事だけから、摂取するのはほぼ無理です。

毎日、ほうれんそうを10束程度(1000g)程度食べる必要があります。

サプリメントであれば、これらの葉酸量を一口で摂取する事が可能です。

ただし、サプリメント等で葉酸を摂取する場合は、葉酸の過剰摂取にならないように、毎日の摂取目安料を守るようにしましょう。

これさえ、守ってさえいれば、葉酸サプリは妊活中女性にとって、とても強い味方となります。

葉酸サプリとは、選び方については、こちらをどうぞ。