不妊治療を受けるにあたって、どのぐらい授からない期間があれば不妊と考えて良いのかというところを悩む人は少なくないでしょう?

不妊の定義、不妊治療をするメリットについて紹介していきます。

不妊とは?

そもそも不妊というのは、生殖年齢のある男女が通常の性行為を行っているにも関わらず、1年間にわたって妊娠に至らないということとされています。
以前は2年間できない場合という定義が一般的でしたが、今は1年間という捉え方になってきています。

晩婚化により妊活をする人の年齢が上がっていること、子宮内膜症にかかる人が増えていることによって、不妊治療を受ける人が増加している背景を受けて
1年間できない場合は、早めに治療を受けるために1年という定義に変わりました。

不妊は女性の側の問題の場合、男性の問題の場合のどちらも考えられます。

不妊治療をするメリットについて

不妊治療を受ける場合には、子どもを授かるに至っていない原因について知ることができることがメリットです。

女性の場合は排卵障害が原因で無排卵月経を繰り返して妊娠していないことがありますし、男性の場合には精子の運動率が悪くてなかなか妊娠につながらない場合などがあります。

私は無排卵月経で不妊治療を受けたのですが、排卵誘発剤の内服をして、注射に切り替えて、排卵が確認できるようになり、子どもを授かることができました。

原因がわからないまま子どもを待ち続けるよりも、早い段階で受診することが良いのです。

またできないという状態を治療せずに置いておくと、男女ともに年齢を重ねてしまいます。

特に女性の年齢が上がるとなかなか妊娠につながらないというのは、妊娠を考えている人なら知っていると思います。

1回の性行為で妊娠につながる確率は25歳~30歳では25~30%あるのですが、年々低下していき、35歳では18%、40歳では5%となってしまいます。

35歳ぐらいまでは妊娠につながる可能性が高い場合でも、35歳を超えたあたりから徐々に難しくなっていきます。

その為に不妊治療もなるべく若い間に始めることが良いのです。

さいごに

不妊治療を始める前はお金の心配や病院通いの時間など、色々と考えてしまいます。

私もそんな風に不安はありましたが、医師に不妊について相談を受け、原因が特定されることによって、治療を受けて妊娠できるという希望が湧いてきました。

私は基礎体温をつけて、安定しなかった為に排卵していないのではと思い婦人科にかかりました。それが良かったと思います。