今4人に1人が不妊に悩んでいると言われています。私の年齢は32才。

一般的には妊娠するには適齢期ではないでしょうか?しかし私も回りの友達も妊娠したくてもできない、あるいは不妊治療を行っている友達は意外といます。

年齢だけの問題ではないのです。私も実際に3年近く授からずネットで沢山の情報を集め調べました。

基礎体温も毎日勿論計り体温計や表とにらめっこし、女性ホルモンにいいときけば豆乳を飲んだり、ルイボスティーを飲んだり。排卵前になるとカレンダーをずっと見ていたり。

体調を常に自分なりに整えていました。私が妊娠したその月に行ったこと。

妊娠するまでの3年近く毎日計っていた基礎体温を計るのをやめました。「もう今月はいいや。」「もっと楽しもう。」といつになく投げやり(笑)というか諦めていました。それはいつになく低体温から高温期の区別さえつかないほど山もなければ、下降もない。そんな基礎体温のグラフを見ていやになっていました。

携帯や妊娠した体験談をみると0.5~0.7℃上昇するとか妊娠した方の基礎体温のグラフを見比べていたからです。でもなんとその月に妊娠がわかりました。

よく諦めかけていた時に妊娠が発覚したとか聞きますがまさに私がそれでした。

諦めてはいましたがやはり完璧に諦められていたかというとそうではありません。

気持ちの整理は完全にはつかず淡い期待も抱いていました。そして生理直前に基礎体温も1度だけ測りました。

やっぱり割りきることができず気になっていたんです(笑)が、やはりいつもの高温期より低かったです。

皆さんにお伝えしたいのは私のような人もいるということです。

私はもしかしたら力が入りすぎていたかもしれません。

妊活中気まずくなるのが嫌で主人にも中々言い出せずにいました。そのはりつめていた気持ちが爆発し気持ちもぶつけ大喧嘩しました。

それまでの私はあまり言いたいことも言えず我慢していました。私一人だけ頑張っているような気がして、虚しく感じ私だけが赤ちゃんが欲しいかのような気持ちになりそんな主人にイライラしても言えずに我慢していました。それが爆発し気持ちをぶつけることで自分の肩の荷が少し降りたのもあると思います。とってもスッキリしたのも良かったのかなと思っています。

充分頑張っている方が多いと思いますが楽しみながら頑張らずに頑張っててもらいたいと思います。

そして元気な赤ちゃんが皆様に授かれることを願っています。